産地直送の有機野菜

産地直送と聞くと、とても新鮮なイメージがありますよね。

最近は有機野菜の宅配サービスがとても人気を博していますが、コスト削減のために、産地直送のところが増えてきているようです。

有機野菜への理解を高めるためには、有機野菜が誰にどのように栽培されているのかを知ることが大切です。

有機野菜の宅配業者の中には、全商品に対して放射能検査を行っているところもありますが、信頼のおける農家との間においては、農家が自主検査を行っています。

そうすることによって、産地直送ができているのです。

一般の農家が直接消費者に有機野菜を売ることは栄養活動が必要なため、とても難しいのです。

しかし、農家も実際に食べてくれる人の率直な意見を聞きたいのです。

そのような理由から、産地直送というサービスが増えていっています。

スーパーなどでは有機野菜が扱われていることがほとんどなく、ほとんどの消費者が宅配サービスを通じて有機野菜を手に入れています。

そして宅配業者は生産者の顔や産地がわかるように野菜を販売しています。今や生産地から直送するのは普通なのです。

また、なるべく遠い産地ではなく、近くの生産者を選び、野菜を購入するとコストをより抑えられるので、地産地消に取り組むようにしましょう。

野菜は毎日食べるものですから、こだわって食べたいですが、それだけではまかないきれない部分に関しては、なるべく近所でとれる野菜にも関心をもっていくことも大切です。

安全な物を入手するために宅配業者の情報が大切

今は空前の健康ブームで、自然派志向の方がとても増えています。

そして有機野菜や無農薬野菜といった安心安全な野菜を進んで買おうとする人たちが年々増えているのです。

しかし、有機野菜の安全性については単に広告だけでは判断しきれません。

それよりも宅配業者に関する詳細な情報の分析が必要なのです。

疑えばきりのない話ですが、有機野菜と書かれているからといって、それが無農薬という理由にはなりません。

ですから、消費者に対して、業者がどこまで情報を開示をしているかが大きなポイントになります。

宅配業者はしっかりと消費者が求めている情報を出してこそ、信頼関係をつくることができると思います。

その点を考慮していない宅配業者は選ばないようにしましょう。

ちなみに今、福島原発による放射能汚染の問題が広まっていますが、これについての安全性をどう示すかということについてはとても難しい問題です。

しかしできる限り、安全性を確かめた上で購入して欲しいものです。

当然このような検査が行われている分、商品は一般のものより高くなります。

安くて良いものが一番であるという考えであっても、どうしてもそうなると安全性が劣ります。

わずかな価格の差を取るのか、毎日の体のことを考えるべきなのか、しっかり考えるようにしておきましょう。

また、有機野菜というのがどのような場所で作られているのか実際に自分の目で見るのも良いかもしれません。

自分が見学できる場所で作られている野菜を取り扱っている業者を選ぶことも良い考えです。

体に安全な物を入手するためには、宅配業者の選択がとても大切なのです。

有機野菜のネット販売について

最近は、有機野菜や生鮮食材の通販サイトがとても増えて来ています。

有機野菜に関しては、専門の宅配サービス業者が行っているのですが、経費を抑えるためにインターネットを利用して宅配サービスをしています。

また、有機野菜だけでなく、実に様々な食料品を取り扱っています。

ところで有機野菜は、有機というだけで本当に安全かどうかはわかりません。もちろん有機野菜は一般的に売られている野菜よりもとてもおいしいです。

しかし、どのような生産者がどのような方法で有機野菜を作っているのかを知ることがとても重要です。

その他の食品についても、宅配サービスを利用するなら様々な食材を一度に購入できれば便利だと思いますよね。

今はインターネットを利用して全国展開をしている会社もたくさんあります。

しかし、輸送時間はある程度制限しないと、生鮮食料品は怖いですよね。

どんな場所からどのように運ばれてくるかを知りたいという気持ちはあって当然です。

私たちは自分たちで食料品を作ってはいませんので、ほとんど全ての食材を購入しないことには生きていけません。

だからこそ、自分や自分の家族の健康のために、安全な食材を選びたいですよね。

広告のみを参考にすることなく、食品の安全性について今一度見直し、通販を利用する際には、どこの宅配業者が良いかしっかり見極めるようにしましょう。

有機野菜の宅配サービスを使うメリットとは

近年では、健康志向が高まっており、口にするものに対してとてもこだわる人が増えて来ました。

野菜も例外ではなく、有機野菜を進んで購入している人が多くなっているのです。

有機野菜とは、化学肥料を一切使用していない土壌を3年以上整え、そこで栽培された野菜のことを言います。

当然ながら、化学肥料が周りから飛散してくることについても防止しなくてはなりません。

それだけ手間がかかるので、値段も一般に売られている野菜よりも高くなります。

こうした有機野菜の宅配のサービスを受ける人たちが増えているのですが、自宅にいながらおいしい野菜を購入できることはとても便利ですね。

なかなか近所のスーパーで欲しい有機野菜を見つけることは難しいでしょうし、宅配であれば数日前に予約するだけで確実に購入できるのも嬉しいところです。

有機野菜を取り扱っている宅配業者は数多く存在しますので、全国どこでも購入することが可能です。

また、野菜だけでなく、肉類や魚介類、加工食品なども一緒に取り扱っているところがほとんどです。

ですから仕事をされている方にはとても人気が高いそうです。

有機野菜の安全性については、栽培場所が特定されていることから、宅配業者がきちんと保証してくれます。

さらにアレルギーの方たちにむけた食材を用意してくれるサービスもある業者があるので、アトピーやアレルギーなどでお困りの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

有機野菜と無農薬野菜について

食の安全について考えることは、単に今の健康を守るためではなく、将来にとっても非常に大切なことです。

普段口にしている野菜も様々な生産方法があるので、ある程度の知識を身に付けておくと良いでしょう。

種類は、有機野菜や減農薬野菜、無農薬野菜があります。

言葉では何となくイメージがわくとは思いますが、案外正確な知識をお持ちでない方は多いので、この機会に覚えておきましょう。

まず、有機野菜は無農薬野菜とは違います。

よく誤解されている方が多いようですが、有機野菜には農薬を数種類使用しても認められるのです。

使用できる農薬は、JASで31種類認定されています。

完全に無農薬にすると、作物に害虫が付いてしまうので、少量の農薬を利用する生産者もいるのです。

ですから、宅配業者などから野菜を購入する場合には、どのような生産方法をしているのか確認する必要があるでしょう。

単純に有機野菜だから大丈夫というわけにはいかないのです。

また、減農薬野菜と無農薬野菜はそのままですが、前年まで使用されていた土壌については規制がないため、今年農薬を減らしたり、使わなかったとしても、土壌に農薬が残っていた場合は野菜に影響してくる場合があります。

このように考えてみると、1年だけの生産体制では意味がありません。

例えば有機野菜を作り始めて何年くらい経過しているのか、無農薬野菜にとりかかって、何年その土壌を使用しているのかなどが重要なのです。

宅配業者と契約を結んでいる生産者は毎年作っている人が多いので、生産者について詳細にわかる取り組みは消費者にとってとても安心できるものとなっています。

有機野菜の宅配エリア

自宅に新鮮な食材を配達してくれるサービスは、最近ではかなり増えており、当たり前のこととなりつつあります。

実際に宅配サービスを利用したことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。

有機野菜は健康食品として注目されていますが、需要に対しての絶対数が十分ではなく、近くのスーパーで取り扱っていないというところがほとんどだと思います。

そのため、有機野菜を手に入れるためには宅配サービスを使ったほうが良いでしょう。

有機野菜の宅配サービスを行っている会社は色々ありますが、全国規模のところと地域限定のところに分かれています。

地域限定のサービスの場合、原則として地産地消を掲げています。

これが本来あるべき姿なのかもしれません。

全国展開している宅配サービスではあらゆる地域の野菜を手に入れることができますし、どこに住んでいようとも利用できる点においては便利ですが、輸送コストがかかってしまいます。

その分、商品の価格に上乗せされていたり、その他の部分で何らかのことを削減して経営しています。

特に有機野菜の場合は、通常の野菜よりもかなり手間がかかります。

有機野菜を作るためにはしっかりと管理された土壌で野菜を作らなくてはいけないからです。

ついつい宅配サービスを選ぶ時には便利さや価格面を重視しがちですが、安心で健康的な食べ物を作るまでの手間や時間を認識しておくことが大切です。

購入する側は好きな時間に配達してもらえるので便利ですが、配達する側からしたらとてつもなく手間がかかりますし、同じ配達時間での希望が増える場合には、増員しなくてはなりません。

そのことを念頭において、お金を払ってでも宅配サービスの便利さを取るか、もしくはある程度は妥協できるのか、そのあたりの線引きはあなたが決めるのです。

有機野菜の宅配と病気の関係について

病気の人にとって、買い物はかなりの重労働です。そのため、宅配サービスの利用が非常に便利だと言えます。

普段ならば自分で商品を選んで自宅まで運ばなくてはならないところを注文するだけで自宅まで届けてくれるのでありがたいサービスではないでしょうか。

さて、最近は健康志向の高まりにより、有機野菜がとても注目を集めており、有機野菜を扱っている宅配サービス会社もどんどん増えていています。

むしろ有機野菜はほとんどが宅配サービスで提供されていると言っても良いでしょう。

また食事制限を余儀なくされている病気の方にむけたユニークなサービスを行っている会社もあります。

それはメニューに合わせて必要な食材を宅配してくれるというものです。

病気の種類によっては、摂取しなくてはならない食材や反対に食べてはいけない食材が異なり、またその量も決められています。

そのため、メニューを決めたらその分量だけ宅配してくれるサービスがとても便利なのだと思います。

特に腎臓病や糖尿病患者の方は、食事制限が当然のこととなっているので、毎日の食事にいつも気をつけていなければなりません。

塩分やカロリー、栄養バランスといった点に配慮したメニューを組み立てなくてはいけないので大変です。

その点、このサービスでは料理のプロと管理栄養士がメニューを考えてそのメニューに合った食材をセットにして宅配してもらえるのです。

一般家庭では病気の家族だけでなく、他の家族の食事を作る必要もあるので、徹底して管理するのはとても大変なことです、しかしこの宅配サービスを使用すれば、届いた食材ですぐに調理することができます。

さらに調理することもままならないという家庭にはお弁当を冷凍して届けてくれるといったサービスも行っています。

最近では多くの人が対象になるメタボリックシンドロームの対策になる食材の登場しています。

おいしっくすの宅配サービスについて

おいしっくすは、有機野菜を宅配しているサービス会社で、宅配ランキングではいつも上位にランクインしています。

様々ある宅配業者の中からおいしっくすが多くの人に支持される理由はその安心感や便利さ、手軽さにあります。

あらゆる食品に言えることで、有機野菜に限ったことではありませんが、安心して口に入れることができるものでないと人々は買いたいと思いません。

だからこそ、生産地や生産者が明記してあるとそれだけでも安心感が増すのです。

誰がいつどのように作り、どういった手段で消費者の元に届くのかをわかるような仕組み作りをしています。

例え赤ちゃんであっても食べられる野菜を目指しているために、放射性物質の検査も徹底して行っています。

常に基準を改め、市場よりもさらに厳しい検査を行って消費者に安心を届けているのです。

もちろんその検査の対象は有機野菜だけではありません。

肉類や鮮魚類、果物にいたるまで、全ての製品に対して徹底した品質チェックを行っています。

確実に安心できるものだけをお届けしたいと思っているのです。

それから消費者が便利に使えるという点でもポイントが高いです。

自宅へ配達してくれるのはもちろんのこと、お届け日が選べてキャンセルも変更もできるところが消費者から評価の高いところです。

また定期サービスもありますし、1回ごとに注文することもできます。

週単位に配達されるのではなく、隔週配達の指定もできますし、とにかく柔軟に対応してくれる点が人気の秘密です。

そして買い物をする際には、産地を選ぶこともできます。

注文はパソコンと携帯の両方から気軽にできるのでぜひ一度お試しください。

食材宅配サービスのミレー

ミレーは1995年設立された有機野菜や無農薬野菜を宅配する会社です。

ミレーは千葉県内で、100戸の有機野菜栽培農家と契約をし、安心かつ安全な野菜の配達サービスを行っています。

2000年以降には様々な賞を受賞しているので、徐々に人気が高まってきているのを感じます。

ミレーの野菜の特長は、野菜の生産者の顔がわかる点です。

有機野菜ではあるものの、無農薬というわけではないので、手放しで安全とは言えませんが、生産者の顔を出していることによって消費者が判断する基準が1つ増えるわけです。

例え自主検査を徹底して出荷しているとしても、最終的には消費者がそれを信用するか否かにかかっています。

消費者と生産者の間に信頼がないことには、何も安全とは言い切れないのです。

さて、ミレーでは旬の野菜を朝に収穫し、新鮮な状態で当日中に発送してくれます。

収穫した翌日にはほとんど全ての地域に届けられるのです。

またコストを削減するために直接仕入れ、出荷を行っています。コストを徹底的に削減することにより、おいしくて安全で新鮮な野菜を手の届く価格で提供できるのがミレーの強みとも言えるでしょう。

注文はインターネットを介して24時間いつでもできますし、1品だけでも可能なのでとても便利です。さらに年会費や入会金もかかりません。

初めて注文する場合は、お試しセットがおすすめです。

実際に味を確かめてみると良いと思います。

土作りから大切に育てて来た野菜だからこそ、このサービスが人気を呼んでいるのです。

有機野菜の宅配サービスランキング

有機野菜は栄養価が高く、体に優しいと言われていますが、スーパーなどではあまり売られていません。

日本国内での有機野菜の生産者数が少ないことと、価格が高いためにスーパーに出回ることがほとんどないのです。

農家の数は増えてはいますが、まだまだ需要に対しての数に追いついていません。

そのため、今は専門の宅配業者が有機野菜を取り扱っていることが多くなっています。

そんな宅配業者ですが、様々な会社があります。それをランキング別に見ていくと、まず第一位は「おいしっくす」です。

この会社は自分の子供たちに食べさせられる安心な食品作りを企業理念としています。

とてもわかりやすくて、思いも伝わってきますよね。

おいしっくすではJAS認定の有機栽培をベースに独自の安全基準を定めており、自社の製品の安全性にはとても自信を持っているそうです。

野菜だけではなく、水産物や畜産物もおいしっくすでは取り扱っていますが、全てにおいて厳しい検査を実施しています。

加工食品においては、天然の調味料のみを使うことを原則としています。

また、年会費や入会金は不要で、全国各地どこへでも配達してくれるのも魅力的です。

さらに1975年に設立された有機野菜の創始者とも言える業者である「大地を守る会」も人気が高いです。

しかし、残念なことに関東地区のみの営業となっていますがその分、丁寧できめ細かいサービスを受けることができます。

JASで認定された農薬も最小限にしか使用しておらず、扱っている野菜の80%は有機野菜と減農薬野菜です。